コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油谷[町] ゆや

2件 の用語解説(油谷[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

油谷[町]【ゆや】

山口県北部,大津郡の旧町。向津具(むかつく)半島西半部と油谷湾内の小島群を含み,湾岸には漁村が多い。主集落は山陰本線が通じる河原。半島先端に近い大浦は海女漁業で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆや【油谷[町]】

山口県北西端,大津郡の町。人口9018(1995)。油谷湾を抱いて日本海に突出する向津具(むかつく)半島と,その対岸山地からなる。油谷湾に注ぐ掛淵川とその支流の流域に沖積地が開ける。半島一帯は,平安時代末期の京都新日吉(いまひえ)社領向津奥(むかつく)荘とされている。油谷湾沿岸は天然の良港で,また外海に面する川尻や津黄(つおう)では江戸時代,捕鯨が行われていた。農業,水産業が中心で,ビワ,モモの栽培,肉牛の飼育,養鶏,クルマエビハマチなどの養殖も進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油谷[町]の関連キーワード田総百山俵山温泉中津長門山口県山口県立大学泉大津境港下関韮崎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone