コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法金剛院 ほうこんごういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法金剛院
ほうこんごういん

京都市右京区花園にある律宗の寺。山号は五位山。本来は清原夏野山荘であったが,承和年間 (834~848) に仏寺とし,双丘寺と号した。天安年間 (857~859) に文徳天皇の勅により,天安寺と改号したがのち荒廃し,大治5 (1130) 年に待賢門院再興して法金剛院と号するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうこんごう‐いん〔ホフコンガウヰン〕【法金剛院】

京都市右京区にある律宗の寺。山号は、五位山。承和年間(834~848)に清原夏野の山荘を寺とし、双丘寺と称したのに始まる。のち、大治5年(1130)待賢門院が再興、法金剛院と改めた。建立当時の阿弥陀如来坐像は藤原時代末期の代表作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこんごういん【法金剛院】

京都市右京区にある律宗の寺。五位山と号する。はじめ右大臣清原夏野の山荘を,死後に寺と改め,双丘(そうきゆう)寺また天安寺と称し,定額寺に列した。その後退転し,1130年(大治5)鳥羽上皇の中宮待賢門院璋子が再興して法金剛院と改称した。有名な本尊の丈六の阿弥陀如来(重要文化財)はこのときの造立である。以後,院政期には上皇,天皇,皇族,公卿崇信厚く,受領層の奉仕による諸堂の造営が続き,衣笠山を背景とする当寺の景観は京の名所となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法金剛院
ほうこんごういん

京都市右京区花園扇野(はなぞのおうぎの)町にある律宗の寺。五位山と号する。本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)。平安初期、右大臣清原夏野(きよはらのなつの)の山荘の地を、死後寺とし、双丘寺(そうきゅうじ)、天安寺(てんあんじ)と称された。平安時代末、鳥羽(とば)上皇の中宮待賢門院璋子(たいけんもんいんしょうし)が法金剛院として復興。広大な寺地にはりっぱな庭園をもち、数多くの堂舎が建ち並び、西行(さいぎょう)など訪問者も多く、多くの和歌が詠まれている。その後荒廃したが、鎌倉時代に唐招提寺(とうしょうだいじ)の円覚(えんがく)が復興、融通念仏を広め、1617年(元和3)泉涌寺(せんにゅうじ)の照珍が再建、真言(しんごん)・天台・禅・浄土四宗兼学の寺とされた。本尊阿弥陀如来坐像(ざぞう)(1130、院覚作)、厨子(ずし)入木造十一面観音坐像、蓮華(れんげ)式香炉(こうろ)など国の重要文化財がある。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法金剛院の関連キーワード仁和寺宮覚道法親王承道法親王覚道法親王藤原璋子巨勢信茂浄土庭園殷富門院上西門院藤原伊尹源有賢筑前国皇室領怡土荘秋月荘応源導御恵晃院朝院覚賢悟