コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬棚[町] せたな

2件 の用語解説(瀬棚[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瀬棚[町]【せたな】

北海道瀬棚郡の旧町。慶長年間から開かれた渡島(おしま)半島西岸の港。イカ,マスなどを漁獲,肉専用牛の飼育や畑作など複合経営も行う。2005年9月,久遠郡大成町,瀬棚郡北檜山町と合併し町制,久遠郡せたな町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せたな【瀬棚[町]】

北海道南西部,檜山支庁瀬棚郡の町。人口2877(1995)。西は日本海に面している。市街地を貫流する馬場川をアイヌ語で〈セタルペシュペナイ(犬の路の川)〉と呼び,その上流地方を〈セタナイ(犬の沢)〉と呼んでいたが,寛政年間(1789‐1801)に河口に運上屋が設置され,全域が瀬棚と呼ばれるようになったといわれる。慶長年間(1596‐1615)松前藩がこの地に場所を設け家臣に与えてから,ニシン漁を中心に発展してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone