コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊山[町] くまやま

2件 の用語解説(熊山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熊山[町]【くまやま】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の旧町。吉井川下流域の主集落は山陽本線が通じる。米,モモ,ブドウを産し,縫製,食品などの工業も行う。西部に大規模な住宅団地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くまやま【熊山[町]】

岡山県南東部,赤磐(あかいわ)郡の町。人口7677(1995)。吉備高原を南流する吉井川の中流域に位置し,川沿いに谷底平野が開ける。旧山陽道の要衝にあたり,中心集落の松木は古代の宿駅が置かれた地である。農業が基幹産業で,米作を中心に桃,ブドウ,イチゴの栽培,果樹苗木の生産が行われる。山陽町に続く西部丘陵地帯には大規模な住宅団地が造成中で,岡山市のベッドタウンとして発展が見込まれている。熊山の頂上には割石を3段に積んだ熊山遺跡(史)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊山[町]の関連キーワード長船那智赤磐市赤磐岡山棚倉備前益子岡田磐赤坂錦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone