コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小国町 おぐに

2件 の用語解説(小国町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小国町
おぐに

山形県南西端,小国盆地とその周囲の山地を含む町。北,西,南の三面が新潟県に接し,南北に細長い町域を占める。 1942年町制施行。 54年南小国村,北小国村と合体し,60年津川村を編入。地名は小さい国の意にちなむといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小国町
おぐに

熊本県北東端,阿蘇外輪山北麓,小国盆地にある町。 1935年町制。小国杉は有名で,九州の代表的林業地域。植林と製材のほかダイコンシイタケの栽培が盛ん。 57年オーストラリア産のジャージー種の乳牛を導入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小国町の関連キーワード盆地山形県鶴岡市小国山形県西置賜郡小国町山形県鶴岡市小国乙山形県鶴岡市小国己山形県西置賜郡小国町小国小坂町山形県鶴岡市小国丙山形県鶴岡市小国戊山形県西置賜郡小国町小国町山形県西置賜郡小国町小渡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小国町の関連情報