白峰[村](読み)しらみね

百科事典マイペディア「白峰[村]」の解説

白峰[村]【しらみね】

石川県南部,石川郡の旧村。手取(てどり)川上流の隔絶された山村であったため,典型的な出作(出作・入作)地域として知られた。また豪雪地帯のため土壁の厚い大きな民家も見られる。手取湖,白峰高原スキー場,白山温泉がある。とりもち,牛首紬を特産。国道157号線が通じ,白山登山の基地。2005年2月松任市,石川郡美川町,鶴来町,河内村,吉野谷村,鳥越村,尾口村と合併し市制,白山市となる。221.88km2。1194人(2003)。
→関連項目白山国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「白峰[村]」の解説

しらみね【白峰[村]】

石川県最南端,石川郡の村。人口1249(1995)。岐阜・福井両県に接する両白山地の山村で,白山をとする手取川の大小20余の支流が合流して本流の手取川ダム湖に注ぐ。中心集落の白峰は江戸時代は天領で,当時の民家様式を伝える小倉家住宅(重要文化財)が残る。かつては山腹に出作小屋を作って雑穀を栽培する焼畑農業が営まれたが,現在は消滅した。旧尾田家の出作小屋と生活用具は重要有形民俗文化財に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android