コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タライ

世界大百科事典 第2版の解説

たらい【盥】

洗顔,手水(ちようず),洗濯などに用いる,水や湯を入れる容器。古くは鉄漿(かね)つけにも用いた。〈たらい〉は〈手洗い〉がなまった言葉で,古くからさまざまに使用されてきたが,現在ではもっぱら洗濯や水浴用の大型のものをいい,洗顔用は洗面器とよんでいる。中世までは主として角盥(つのだらい)が使われていた。これは木製黒漆塗りの円形で,左右に2本ずつ角のような長い柄がついている。角は持ち運ぶときの把手であると同時に,手水を使うときここに袖をかけて濡れるのを防いだという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たらい【盥】

〔「手洗い」の転〕
水や湯を入れて、顔・手足を洗うための丸くて平たい器。現在では多く金属製・プラスチック製で、洗濯などに用い、洗面器などより大きいものをいう。 「洗濯-」 「金-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【洗濯】より

…《扇面法華経冊子》には,木を刳り抜いた桶を用い,足ぶみ洗濯をする場面が描かれ,《信貴山縁起》でも井戸端で踏み洗いする姿がみられることは興味深い。洗濯たらい(盥)の出現もこのころからで,手洗い用,洗顔用であった桶が,井戸端洗濯に移るとともに大型となって洗濯に転用されているが,後世のたらいのような結桶(ゆいおけ)はまだ出現していない。仕上げに関しては《大鏡》太政大臣兼通の巻に,熨斗(のし)が登場し,夜具を暖めているところから,衣服の仕立てや洗濯物の仕上げにも使用されていたと推察できる。…

※「盥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盥の関連情報