コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

缶/罐/鑵 カン

5件 の用語解説(缶/罐/鑵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【缶/×罐/×鑵】

《〈英〉canまたは〈オランダ〉kanから。「缶」「罐」「鑵」は当て字
金属の薄い板で作った容器。特に、ブリキ製のものをいう。「石油―」
缶詰」の略。「鮭(さけ)―」

かん【缶〔罐〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(クヮン)(呉)(漢)
金属製の容器。「缶詰空き缶製缶
「缶詰」の略。「牛缶」
湯わかし器。「薬缶(やかん)
蒸気機関のかま。「汽缶
[補説]「罐」は本来「水を汲むつるべ」をさしたが、今は「缶」によって代用する。「缶」は「フ」が本来の音で、「腹のふくれた水がめ、ほとぎ」の意。1は英語canまたはオランダ語kanの音訳字。34は「鑵」と通用。

ほとぎ【缶】

《古くは「ほとき」》
昔、水などを入れた瓦製の器。胴が太く口が小さい。
「―を打って舞ひ給ふ」〈太平記・二六〉
湯殿で、産湯(うぶゆ)を使うのに用いたかめ。
「御湯参る。…取り入れつつ、むめて御―に入る」〈栄花・初花〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほとぎ【缶】

〔古くは「ほとき」〕
昔、湯や水などを入れるのに用いた、胴が太く口が小さい土器。 「大きなる-に大姫君御覧ぜよ、と書きつけたり/宇津保 国譲中
湯殿で産湯うぶゆに用いた、かめ。 「きよい子の命婦・播磨とりつぎて、うめつつ、女房ふたり、大木工おおもく・馬くみわたして、御-十六に余れば、入る/紫式部日記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

缶/罐/鑵の関連キーワード常用漢字表

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone