コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐田[市] いわた

世界大百科事典 第2版の解説

いわた【磐田[市]】

静岡県南西部にある市。1940年見付町,中泉町など2町2村で磐田町として成立,48年市制。人口8万5123(1995)。市域磐田原台地とその南の沖積低地からなり,市街地は東海道五十三次の宿場町であった見付(見附)と,江戸時代に幕府の代官所の置かれた中泉の2ヵ所である。古くから開けた地で,銚子塚古墳(史),松林山古墳などがあり,古代には遠江国府の中心として国分寺が建立された(跡は特史)。かつては農産物集散地であり,また,福田(ふくで)町のべっちん,コール天の工場が進出し,湧水を利用して関連の染色・剪毛(せんもう)をはじめ食品工業の立地をみたが,1960年以降はNTNや,浜松から日本楽器,ヤマハ発動機,スズキなどが東部の台地に進出し,工業団地化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

磐田[市]の関連キーワード磐田原台地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android