コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秒読み ビョウヨミ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐よみ〔ベウ‐〕【秒読み】

時間の経過を秒単位で読みあげること。特に、開始や終了の時刻までを秒ごとに読みあげること。
時間的に間近に迫っている状能にあること。「選挙もいよいよ秒読みの段階だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びょうよみ【秒読み】

時間の経過を秒単位で読み上げること。
開始予定時刻の何秒前であるかを読み上げること。 「ロケット発射の-を始める」
あることが間際に迫っている状態。 「完成は-の段階だ」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の秒読みの言及

【ロケット発射場】より

…発射管制室はふつう発射点近くの耐爆室(ブロックハウス)にあり,発射台の操作,ロケットへの推進剤や高圧ガスの供給,発射前の最終点検,点火などがここから定められた手順に従って遠隔操作で行われる。この手順を秒読み(カウントダウンcountdown)と呼ぶ。指令センターは,発射前の場内および陸・海・空の監視,気象状況,発射後の状況の把握などにより総合判断を行い指令を発する発射場の中枢である。…

※「秒読み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秒読みの関連情報