ぼちぼち

精選版 日本国語大辞典「ぼちぼち」の解説

ぼち‐ぼち

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
水滴などが続けざまに落ちる音、また、そのさまを表わす語。〔日葡辞書(1603‐04)〕
小声で話すさま、特に、男女が仲むつまじく語り合うさまを表わす語。
※洒落本・取組手鑑(1793)「内からすだれをすこしまきあげて〈略〉何やらぼちぼちとはなす」
③ 小さなものがちらばってあるさまを表わす語。ぼつぼつ。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「ここの所に、ぼちぼちぼちとふがあるのさ」
④ ある行為にゆっくりととりかかるさま、また、ある事態に近づくさまを表わす語。ぼつぼつ。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)五「暮六つかぎりぼっちぼち、寄り集りたる八笑人」
※煤煙(1909)〈森田草平〉二八「ぼちぼち眼を開いてゐることだらう」
[2] 〘形動〙
① 男女の仲がむつまじいさま。また、異性に好かれているさま。
※洒落本・傾城觿(1788)附録「ぼちぼち〈もてた事也〉ちゃきちゃき〈ふられた事也〉」
② (一)④に同じ。
※羽なければ(1975)〈小田実〉二一「儲かりまっか。まあ、ボチボチでんな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぼちぼち」の解説

ぼち‐ぼち

[副]
ゆっくり物事にとりかかるさま。また、ある事態に近づくさま。そろそろ。「ぼちぼち出かけよう」「ぼちぼち昼だ」
水滴などが続けて落ちる音や、そのさまを表す語。〈日葡
小さなものが散らばってあるさま。
「―ぼちと斑(ふ)があるのさ」〈滑・浮世風呂・二〉
小声で話すさま。特に、男女が仲むつまじく話すさま。
「息子は薄舞がしめつけて―と契ってゐる」〈洒・遊僊窟烟之花〉
[名]ぽちぽち2」に同じ。「背中にぼちぼちがある」
[形動ナリ]男女の仲がむつまじいさま。
「―で居ながらいい加減になんしよ」〈洒・二筋道〉
[アクセント]チボチ、はボチボチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android