コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等級(天文) とうきゅう

百科事典マイペディアの解説

等級(天文)【とうきゅう】

天体の光度を表す単位。古代ギリシアでは全天で最も明るい星約20個を1等星,肉眼でやっと見える星を6等星として,6等級に大別した。現在ではボン星表に6等星としてのっている星の光度の平均を6等とし(北極星の光度が2.12等になる),光度が2.512倍((式1),これを光比という)になるごとに1等級減ずる。
→関連項目1等星恒星光度分光視差

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone