コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕子朝鮮 キシチョウセン

6件 の用語解説(箕子朝鮮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きし‐ちょうせん〔‐テウセン〕【箕子朝鮮】

前3世紀ごろ、朝鮮半島の北西部大同江流域に栄えた中国人の王国。首都は王険(現在の平壌)。始祖の箕子は、殷(いん)王朝の一族といわれる。前195年ごろ、衛満によって滅ぼされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

箕子朝鮮【きしちょうせん】

古代朝鮮の王朝。いわゆる古朝鮮の一つで,伝説上の国。箕子は(いん)の王族で,殷滅亡とともに東方に亡命,朝鮮半島北西部に開国したという。前2世紀初め衛氏(えいし)朝鮮が興り,国を奪われたとされる。
→関連項目朝鮮平壌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きしちょうせん【箕子朝鮮】

朝鮮古代の王朝名。いわゆる古朝鮮の一つ。衛氏朝鮮が正史所見の実在の王朝として認められているのに対し,箕子朝鮮は伝承的・説話的色彩がつよい。《史記》などの古文献によれば,箕子は名を胥余(しよよ)といい,殷の貴族で箕国に封ぜられ子爵であったという。殷末,紂王の太師となり,王の無道をいさめて,かえってうとんぜられ,やがて殷が滅亡すると朝鮮半島西北部,おそらく現平壌付近に亡命して国を建て,有名な〈八条の教訓〉を制定して人民を感化したとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きしちょうせん【箕子朝鮮】

古朝鮮の伝説的王朝の一。中国、周の武王が殷いん王族の箕子を朝鮮に封じたことに由来するという。紀元前二世紀初め衛満に滅ぼされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕子朝鮮
きしちょうせん

箕子東来説」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕子朝鮮
きしちょうせん

古代朝鮮の王朝。衛氏(えいし)朝鮮とあわせ古朝鮮という。紀元前1100年ごろ、中国、周の武王が殷(いん)の紂王(ちゅうおう)を滅ぼしたとき、紂王の親族である箕子は朝鮮に走ったが、武王は箕子をその地に封じたと伝えられる。これより箕子朝鮮が始まり、前2世紀に燕(えん)の亡命者衛満によって最後の王箕準(きじゅん)が滅ぼされた。箕子の東来については伝説的色彩が強く、史実とは認めがたい。箕子朝鮮については『漢書(かんじょ)』以後中国の歴史書に記述があり、とくに『魏略(ぎりゃく)』に詳細な記述がある。また、朝鮮においても、高麗(こうらい)、李(り)朝と時代が下るにつれて、その内容は慕華(ぼか)、崇儒思想の高揚とともにしだいに潤色が加えられていった。史実として認められる点は、中国の戦国時代より漢族が東方に進出し、さらに朝鮮北西部に流入して、やがて大同江下流域を中心に周辺の土着民を支配するに至ったことであろう。なお、このような性格の王朝そのものの実在性を否定し、箕子朝鮮の主体勢力を朝鮮の土着社会の氏族とみる説もある。[李 成 市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の箕子朝鮮の言及

【古朝鮮】より

…漢の武帝によって楽浪ほか3郡が設立される以前の朝鮮古代の総称。通常は《史記》《漢書》所見の箕子(きし)朝鮮衛氏朝鮮の2王朝をいうが,《三国遺事》の伝える檀君朝鮮(檀君)を上述の2王朝に先行させて,三つを古朝鮮という場合もある。《三国遺事》の伝えるところによると紀元前約2000年以前に檀君王倹が都を阿斯達に定め,朝鮮を建国したことになっている。…

【朝鮮】より

…この神話は北方の熊信仰,南方の聖地信仰などを基礎としたもので,はじめ平壌地方の固有信仰であったが,モンゴル侵略に抵抗した高麗農民が檀君を開国の始祖神として民族的な団結をはかった。朝鮮王朝(李朝)の国号採用に当たっても,箕子朝鮮と並んで檀君朝鮮の朝鮮が有力な根拠とされた。19世紀末の民族意識の高揚期に,檀君は再び開国神として信仰され,大倧教や檀君教という新宗教が成立して現在にいたっている。…

※「箕子朝鮮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

箕子朝鮮の関連キーワード衛氏朝鮮衛満奴隷王朝李朝古朝鮮朝鮮服北朝鮮の鉱物資源印支弥朝鮮王朝の王墓群

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone