糸魚川-静岡構造線(読み)いといがわしずおかこうぞうせん(英語表記)Itoigawa-Shizuoka tectonic line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸魚川-静岡構造線
いといがわしずおかこうぞうせん
Itoigawa-Shizuoka tectonic line

北は日本海岸の糸魚川市から,姫川,松本市,諏訪湖,韮崎市を経て,南の太平洋岸の静岡市にいたる構造線。1918年矢部長克により命名された。糸静線ともいう。フォッサ・マグナの西縁を画する大断層で,日本列島はこれによって東北日本西南日本に分けられる。逆断層を露頭し,西は中生代古生代の岩石を主とする山岳地帯,東は新生代新第三紀の地層,花崗岩類,火山岩からなる。(→断層

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸魚川-静岡構造線の関連情報