糸魚川-静岡構造線(読み)いといがわしずおかこうぞうせん(英語表記)Itoigawa-Shizuoka tectonic line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「糸魚川-静岡構造線」の解説

糸魚川-静岡構造線
いといがわしずおかこうぞうせん
Itoigawa-Shizuoka tectonic line

日本列島東北日本西南日本に分ける地質構造線。日本海岸の糸魚川市から,姫川,松本市,諏訪湖,韮崎市を経て,太平洋岸の静岡市までの南北約 250kmを走る。1918年地質学者の矢部長克により命名された。フォッサ・マグナの西縁を画する大断層で,逆断層が露呈し,場所によっては横ずれ断層も発達している。西は中生代古生代岩石を主とする山岳地帯,東は新生代新第三紀地層,花崗岩類,火山岩からなるなど,構造線の両側地質構造地殻変動様式が大きく異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android