芋蔓式(読み)いもづるしき

精選版 日本国語大辞典「芋蔓式」の解説

いもづる‐しき【芋蔓式】

〘名〙 (芋蔓をたどっていくと次々にがみつかるように)ひとつのことから、それに関連する多くのことが次々に現われること。また、次から次へと手づるを求めること。
週刊朝日‐昭和三年(1928)九月三〇日号・日本のタマニーホール〈福馬生〉「その後いもづる式に検事局に拘引される市議は十六名に達し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芋蔓式」の解説

いもづる‐しき【芋×蔓式】

をたぐると芋が次々に出てくるように、多くの出来事が関連して続くこと。「疑獄事件の関係者が芋蔓式に検挙される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android