コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芋蔓式 イモヅルシキ

デジタル大辞泉の解説

いもづる‐しき【芋×蔓式】

蔓をたぐると芋が次々に出てくるように、多くの出来事が関連して続くこと。「疑獄事件の関係者が芋蔓式に検挙される」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いもづるしき【芋蔓式】

(芋蔓をたぐるように)一つの事に関連のある人や物が次々に明らかになること。 「 -に共犯者が逮捕された」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

芋蔓式の関連キーワード共犯者芋蔓

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android