コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のべつ幕無し ノベツマクナシ

デジタル大辞泉の解説

のべつ‐まくなし【のべつ幕無し】

[副]《芝居で幕を引かずに演技を続ける意から》ひっきりなしに続くさま。「のべつ幕無しに口を動かす」「のべつ幕無し愚痴(ぐち)を言う」
[補説]文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「ひっきりなしに続くさま」を表現するとき、本来の言い方とされる「のべつまくなし」を使う人が42.8パーセント、本来の言い方ではない「のべつくまなし」を使う人が32.1パーセントという結果が出ている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のべつまくなし【のべつ幕無し】

( 副 )
〔芝居で幕を下ろさずに演じ続けるという意から〕
休みなく続くさま。ひっきりなし。多く、好ましくない物事に用いる。 「 -(に)しゃべる」 「森から上は-の星月夜で/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のべつ幕無しの関連キーワード吾輩は猫である世論調査幕無し文化庁ぐち補説芝居

のべつ幕無しの関連情報