コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花巻[市] はなまき

百科事典マイペディアの解説

花巻[市]【はなまき】

岩手県中部の市。1954年市制。中部は北上盆地北上川右岸に市街が発達,東北本線東北新幹線東北自動車道が通じ,釜石線が分岐するほか,花巻空港がある。開田の以前は花の牧といわれた馬産地で,江戸時代は南部氏の小城下町,奥州街道の宿駅であった。
→関連項目わんこそば

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなまき【花巻[市]】

岩手県北上盆地の中央部にある市。1954年市制。人口7万1950(1995)。北上川西岸に位置する中心の旧花巻町は,中世には稗貫(ひえぬき)氏が鳥谷ヶ崎城を築いた地で,1591年(天正19)には南部氏の家臣北秀愛が居城して花巻城と改名したのち盛岡藩の要地として発展した。また,奥州街道の宿駅,北上川舟運の河港として栄えた。背後には北上盆地の肥沃な土地が広がり,米作を中心にリンゴなどの果樹栽培や酪農が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花巻[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone