コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津[市] くさつ

世界大百科事典 第2版の解説

くさつ【草津[市]】

滋賀県南部の市。1954年草津町と志津,老上(おいがみ),山田,笠縫,常盤の5村が合体,市制。人口10万1828(1995)。古くから交通の要衝で,江戸時代には東海道と中山道の分岐点の宿場町としてにぎわい,現在も草津宿本陣(史)が残っている。琵琶湖岸の矢橋(やばせ)は近江八景の一つ〈矢橋の帰帆〉で知られる湖港で,東海道と連絡する湖上交通の要地として栄えた。市北端の芦浦にある観音寺は,中世末期から近世初期にかけて湖上交通の船奉行の権利が与えられていた寺で,現在も堀と石垣に囲まれ,多くの文化財を残している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

草津[市]の関連キーワード琵琶湖国定公園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android