コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津[町] くさつ

2件 の用語解説(草津[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

草津[町]【くさつ】

群馬県北西部,白根山東麓を占める吾妻(あがつま)郡の町。中心は古来有名な温泉町で,泉源の湯畑を中心に旅館が発達。含硫化水素強酸性ミョウバン泉,60〜67℃で,湯量豊富,泉質がきついため,〈湯もみ〉が行われる。
→関連項目群馬[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くさつ【草津[町]】

群馬県北西部,吾妻(あがつま)郡の温泉町。人口8294(1995)。白根火山東斜面の標高1200mの高原中の小凹地に大温泉街がある。草津温泉の泉源は街のほぼ中央の湯畑(ゆばたけ)のほか100余ヵ所におよび,湧出量は毎分3万4000lで,鹿児島県の指宿(いぶすき)温泉に次ぐといわれる。湯畑は幅20m,長さ60mほどの石垣に囲まれた中から,大量の熱湯が湧出している。強酸性(pH1.5)のミョウバン緑バン泉で,泉温は60~67℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草津[町]の関連キーワード吾妻川鹿沢温泉川原湯温泉土湯温泉法師温泉万座温泉湯村温泉草津嬬恋奥鬼怒温泉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone