コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華厳寺[朝鮮] けごんじ[ちょうせん]Hwaǒmsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華厳寺[朝鮮]
けごんじ[ちょうせん]
Hwaǒmsa

韓国,全羅南道求礼郡馬山面にあり,新羅の高僧義湘の建立といわれる十大寺の一つ。宣祖 25 (1592) 年,壬辰倭乱 (文禄の役) の戦火で全焼したが,17世紀に李朝の仁祖,粛宗が再建。粛宗 29 (1703) 年に竣工した覚皇殿は,現存する李朝最大の木造建築で,当時の建築様式をよく伝える。新羅時代の石造建築物としては,境内の東西五層石塔や,覚皇殿前の石灯が知られるが,特に,裏山の孝台にある四獅子三層石塔は,仏国寺の多宝塔とともに,比類のない文化遺産である。 (→朝鮮建築 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android