コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔓脚類 まんきゃくるい barnacle

翻訳|barnacle

5件 の用語解説(蔓脚類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔓脚類
まんきゃくるい
barnacle

顎脚綱鞘甲亜綱蔓脚下綱 Cirripediaに属する甲殻類の総称。サンゴや貝殻に穿孔するツボムシ類,十脚甲殻類に寄生するフクロムシ類,海中の岩や大型動物に固着するフジツボ類に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つるあし‐るい【×蔓脚類】

甲殻綱蔓脚亜綱の節足動物の総称。すべて海産。フジツボエボシガイカメノテフクロムシなどが含まれ、殻から蔓状の脚を出す。まんきゃくるい。

まんきゃく‐るい【×蔓脚類】

つるあしるい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんきゃくるい【蔓脚類】

蔓脚亜綱Cirripediaに属する甲殻類の総称。海産で,成体が固着生活をし,剛毛を密に生じた蔓脚(つる状に変形した胸脚,つるあし)をもち,つるあし類とも呼ぶ。背甲は体と肢を包む外套(がいとう)に変わり,その外面に石灰質の殻板を分泌し,補強されている。第1触角は広い殻底または肉質の柄部の先にあって固着器となる。第2触角はふつう退化し,消失している。前体部は頭胸部に当たり,体の分節は不完全。ちょうど,エビが頭を基盤につけ,逆立して,頭胸部を後方に強くそり返らせたような形をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まんきゃくるい【蔓脚類】

節足動物門甲殻綱の一亜綱。すべて海産。幼生は浮遊生活をするが、成体は岩などに固着するか、他の動物に寄生する。多くは雌雄同体。蔓つるのような細長い脚をもつものが多い。エボシガイ・カメノテ・フジツボ・フクロムシなど。ツルアシ類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔓脚類の関連キーワード貝虫類鰓脚類橈脚類等脚類軟甲類軟骨魚類亜綱多節条虫類カシラエビCirripedia

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone