蟠り(読み)ワダカマリ

デジタル大辞泉の解説

わだかまり【×蟠り】

心の中にこだわりとなっている重苦しくいやな気分。特に、不満・不信・疑惑などの感情。「蟠りを捨てる」「互いに何の蟠りもなく話し合う」
心に悪い考えのあること。
「其のざし―もなく清く流るる水にひとしく」〈浮・栄花一代男〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わだかまり【蟠り】

心の中に解消されないで残っている不信や疑念・不満など。また、そのためにすっきりとしない気持ち。 「 -を残す」 「 -がとける」
心がねじけていること。悪意があること。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟠りの関連情報