コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎隔 ソカク

デジタル大辞泉の解説

そ‐かく【疎隔】

[名](スル)うとくなって、へだたりができること。また、へだたりをつくること。「疎隔が生じる」
「ましてや内部生活の―した他人はなおさらの事である」〈寅彦・相対性原理側面観〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そかく【疎隔】

( 名 ) スル
関係がうとくなること。遠ざけること。 「妾を-せんと謀りしなり/妾の半生涯 英子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎隔の関連キーワード劃・各・喀・嚇・客・廓・拡・擴・攪・攫・核・格・殻・殼・獲・画・確・穫・覚・覺・角・赫・較・郭・閣・隔・革・鶴祖・俎・咀・塑・措・楚・狙・疎・疏・礎・祖・祚・租・粗・素・組・蘇・訴・遡・阻・鼠フランケンシュタイン(シェリー夫人の小説)護良親王(もりよししんのう)アレクサンドロス3世(大王)社会民主党(ドイツ)薩長芸三藩盟約不干渉政策萩原朔太郎宝治合戦北村季吟円融天皇吉川経幹木下幸文西郷隆盛九条尚忠東漢駒黄興世代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android