疎隔(読み)ソカク

デジタル大辞泉の解説

そ‐かく【疎隔】

[名](スル)うとくなって、へだたりができること。また、へだたりをつくること。「疎隔が生じる」
「ましてや内部生活の―した他人はなおさらの事である」〈寅彦・相対性原理側面観〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そかく【疎隔】

( 名 ) スル
関係がうとくなること。遠ざけること。 「妾を-せんと謀りしなり/妾の半生涯 英子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎隔の関連情報