コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚えず オボエズ

デジタル大辞泉の解説

おぼえ‐ず【覚えず】

[副]無意識のうちに。知らず知らず。「迫真の演技に覚えず息をのむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼえず【覚えず】

( 副 )
意識しないで。知らず知らず。いつの間にか。 「末造は-蹙しかめてゐた顔を/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

覚えずの関連キーワードミル(John Stuart Mill)浮かれ出る・浮れ出る屏息・屛息・閉息「春暁」孟浩然後枕も知らずトリカブト暗れ塞がる長嘆・長歎丸山 瓦全ドラクロワ漫ろ寒し生を隔つ思い回すへたばる思い迫る貴妃酔酒起承転結押止めるリンゴ薄笑い

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚えずの関連情報