ついつい(読み)ツイツイ

デジタル大辞泉の解説

つい‐つい

[副]「つい」を重ねて強めた語。「やめようと思いながら、ついつい手を出してしまう」

つい‐つい

[副]「ついと」の「つい」を重ねた語。
「長い霜柱の―と立っているのが」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついつい

( 副 )
「つい」を重ねて意味を強めた語。 「 -言いそびれてしまった」

ついつい

( 副 )
〔「ついと」の「つい」を重ねたもの〕
(多く「と」を伴って)まっすぐにつき出るさま。まっすぐに立つさま。 「長い霜柱の-と立つてゐるのが/多情多恨 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐つい

〘副〙 (副詞ついと」の「つい」を重ねたもの。多く「と」を伴って用いる)
① まっすぐに突き出るさま、高くそびえるさまを表わす
※俳諧・文化句帖‐三年(1806)二月「ついついと藪の中より菜種哉」
② 動作のすばやいさまを表わす語。さっさ。
※随筆・胆大小心録(1808)二一「むしろと縄で、からみつけて、は入って見たくもないわろは、ついついといたといふたげな」

つい‐つい

〘副〙 (副詞「つい」を重ねたもの) 「つい②」を強めた言い方。
※古道大意(1813)上「其の詞のつひつひ世に弘まって」
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「僕は或日つひつひ追ひ詰められて、こんな事を言った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ついついの関連情報