コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無感覚 ムカンカク

デジタル大辞泉の解説

む‐かんかく【無感覚】

[名・形動]
感覚がまひして、何も感じなくなった状態。また、そのさま。「寒さで手足が無感覚になる」
感受性が鈍く、あるいは慣れのせいで、感情の動きや気くばりのないこと。また、そのさま。「他人の苦しみに無感覚な(の)人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかんかく【無感覚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
感覚のないこと。何も感じないこと。また、そのさま。 「寒さで指先が-になる」
慣れてしまって特別の感情が起きない・こと(さま)。 「汚職に対して-になる」
思いやりがない・こと(さま)。無神経。 「 -な人だ」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無感覚の関連キーワードリレイニコマコス倫理学錯感性股神経痛使いすぎ症候群無痛分娩味覚障害アパシーラマルク苦しみ知らず有情派生凍え

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無感覚の関連情報