コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思わず オモワズ

デジタル大辞泉の解説

おもわ‐ず〔おもは‐〕【思わず】

[副]
そのつもりではないのに。考えもなく。無意識に。「思わずかっとなる」「うれしくて思わず跳び上がる」
思いがけず。意外なことに。
「四鳥の塒(ねぐら)に親と子の、―帰り逢ひながら」〈謡・雲雀山
[形動ナリ]
思いのほか。意外。案外。
「かかる世を見るより外に、―なる事は何事にか」〈・須磨〉
心外である。期待がはずれて気に入らない。
「いかが、世の中さびしく、―なる事あるとも忍び過ぐし給へ」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもわず【思わず】

( 副 )
そうするつもりではなかったのに、無意識に行うさま。知らずに。考えずに。 「あまりのおかしさに-吹き出した」 「 -口走る」
思いもかけず。意外にも。 「 -も雲居を出づる春の夜の、月の都の名残かな/謡曲・国栖」
( 形動ナリ )
心外だ。面白くない。 「女御・更衣といへど…うちまじりて、-なることもあれど/源氏 若菜下
思いもかけないさま。予想外だ。 「また、御末に-なることのうちまじり/大鏡 師輔
[句項目] 思わず知らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思わずの関連キーワード天然惚け・天然ボケ・天然ぼけ思わず知らず声を荒らげる横手を打つ首を竦める腰を浮かす心ともなく微笑ましい口は心の門連用修飾語斧の柄朽つ快哉を叫ぶ笑いを取る仕舞った我知らず読ませる良がり声頭を搔く無想無念武者震い

思わずの関連情報