コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生憎 アイニク

デジタル大辞泉の解説

あい‐にく【生憎】

《「あやにく」の音変化》
[形動][文][ナリ]期待や目的にそぐわないさま。都合の悪いさま。「生憎な空模様」「生憎ですが、もう売り切れました」
[副]折あしく。ぐあい悪く。「彼を訪ねたが、生憎留守だった」

あや‐にく【生憎】

感動詞「あや」+形容詞「にくし」の語幹から》
[副]意に反して不都合なことが起こるさま。あいにく。
「―眼が冴えて昨夕よりは却って寝苦しかった」〈漱石それから
[形動ナリ]目の前の事柄が、予想や期待に反していて好ましくないさま。
意地が悪い。
「惜しめばや花の散るらむ―にものも言はでぞ見るべかりける」〈躬恒集
不都合だ。間(ま)が悪い。
「―に睦びきこえ給へば、え忍び敢え給はず」〈栄花・衣の珠〉
予想以上に厳しい。過酷だ。
「さらに知らぬ由を申ししに、―に強ひ給ひしこと」〈・八四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいにく【生憎】

〔「あやにく」の転。「生憎」は当て字〕
( 形動 ) [文] ナリ 
期待や目的にそわない状況になって、都合が悪く残念なさま。自分の場合にも、相手の気持ちを思いやる場合にも用いる。 「 -なお天気です」 「 -の雨で一歩も外へ出られなかった」
(「おあいにくさま」の形で)相手の期待がはずれたことを、からかっていう。 「お-さま、ちゃんと一人でできました」 → おあいにくさま
( 副 )
都合の悪いことに。折あしく。 「 -(と)留守をしていて失礼しました」 〔相手の期待がはずれている、というように皮肉の意を込めても用いる。「私は-物覚えがいいものでね」〕

あやにく【生憎】

〔感動詞「あや」に形容詞語幹「にく」の付いた語。「生」は当て字〕
( 副 )
折あしく。あいにく。 「 -差掛りました用事が出来まして/緑簑談 南翠
( 形動ナリ )
予期に反して思いどおりにならないさま。不本意であるさま。 「疾く死ねかしと思へども、思ふに任せぬ命数の未だ-に尽ざるか/緑簑談 南翠
意にそまないさま。意地が悪く感じられるさま。 「さらに知らぬよし申ししに、-にしひ給ひしこと/枕草子 84
折あしく不都合なさま。 「しぐれといふばかりにもあらず、-にあるになほいでむとす/蜻蛉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生憎の関連キーワード一連・一行御生憎様段段南翠

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生憎の関連情報