コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊後大野(市) ぶんごおおの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊後大野(市)
ぶんごおおの

大分県南西部にある市。2005年(平成17)大野郡三重(みえ)町、緒方(おがた)町、朝地(あさじ)町、大野町、犬飼(いぬかい)町、清川(きよかわ)村、千歳(ちとせ)村が合併して市制施行、豊後大野市となる。市名は郡名に由来。市域は大野川の中・上流域を占め、東を佩楯(はいだて)山、西を阿蘇外輪山の裾野、北を鎧(よろい)ヶ岳、御座(ござ)ヶ岳、南を祖母(そぼ)山、傾(かたむき)山などに囲まれる。大部分は山地で、大野川とその支流域に小盆地が開ける。JR豊肥(ほうひ)本線、国道57号、502号が東西に、10号、326号、442号が南北に走る。
 大野川流域は旧石器時代遺跡の宝庫として知られ、代ノ原(だいのはる)遺跡ではナウマンゾウの牙の化石が、岩戸(いわと)遺跡(国指定史跡)からは後期旧石器時代の集石墓遺構が発見されている。古代の大野郡には大野、田口(たぐち)、緒方、三重の4郷があり、三重郷域に推定される市域南東部には前方後円墳の立野(たての)古墳、重政(しげまさ)古墳などが集中。平安時代、大野郷では豊後大神氏一族の大野氏が勢力を張ったが、のち大野荘地頭職を得た大友氏が台頭。緒方郷に成立した緒方荘は、平安末期に源平合戦などで活躍した緒方氏の拠点であったが、のちに大友氏が進出。室町中期以降、市域は大友惣領家の支配下に置かれた。江戸時代、市域の村々は西部から南部が岡藩領、ほかは臼杵藩領に属した。17世紀中ごろ岡藩によって灌漑用の緒方上下井路が築造され、緒方盆地は岡藩最大の米どころとなった。岡藩では年貢米や特産のシイタケ、祖母山東方の尾平(おびら)、九折(つづら)鉱山から採掘した銅、錫(すず)などを、大野川中流の犬飼湊から大野川通船で外港の三佐(みさ)湊(大分市)へ輸送した。
 現在の基幹産業は農林業で、米作のほか、シイタケ、ピーマン、サトイモ、ナス、アスパラガス、カボス、甘藷、茶などが特産で、木材生産や豊後牛の肥育も盛ん。祖母・傾国定公園、神角寺芹川(じんかくじせりかわ)県立自然公園に指定される豊かな自然環境を生かし、観光事業にも力を注ぐ。大野川本流に懸かる沈堕(ちんだ)の滝は景勝地として知られ、雪舟が「鎮田瀑図」を描いている。緒方宮迫東(みやさこひがし)・同宮迫西、菅尾(すがお)、犬飼の各石仏(磨崖仏)は、いずれも国指定史跡、神角寺本堂は国指定重要文化財。尾崎(おさき)の石風呂(いしぶろ)は国指定重要有形民俗文化財。大草鞋を履いたひょうたん様が練り歩く奇祭、柴山八幡(しばやまはちまん)社のひょうたん祭は県選択無形民俗文化財。大分県央飛行場は1992年(平成4)に豊肥地区農道離着陸場として開港し、1997年に改称。現在は、大分県防災航空ヘリの基地、農産物の輸送、遊覧飛行などに利用。面積603.36平方キロメートル、人口3万9452(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊後大野(市)の関連キーワード大分県豊後大野市緒方町尾平鉱山大分県豊後大野市犬飼町栗ケ畑大分県豊後大野市緒方町下自在大分県豊後大野市大野町代三五大分県豊後大野市犬飼町高津原大分県豊後大野市犬飼町柚野木大分県豊後大野市犬飼町西寒田大分県豊後大野市緒方町上犬塚大分県豊後大野市大野町小倉木大分県豊後大野市緒方町草深野大分県豊後大野市大野町中土師大分県豊後大野市朝地町市万田大分県豊後大野市緒方町上冬原大分県豊後大野市大野町酒井寺大分県豊後大野市緒方町上年野大分県豊後大野市大野町田代大分県豊後大野市大野町宮迫大分県豊後大野市大野町夏足大分県豊後大野市大野町矢田大分県豊後大野市大野町中原

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android