貸借対照表(バランスシート)(読み)たいしゃくたいしょうひょう(ばらんすしーと)

会計用語キーワード辞典の解説

貸借対照表(バランスシート)

ある一時点の財務状態を明らかにする財務諸表の一つ。バランスシートとも呼ばれる。一般に財政状態とは、資金の調達源泉と資金の運用形態の状況のことを指します。基本的に貸借対照表は、調達した資金を投資して利益を獲得する資本循環の一時点を示しています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

貸借対照表(バランスシート)

企業会計の一種で、土地、建物、貯金などの資産を左側に、借入金などの負債を右側に計上し、資産から負債を引いた実質的な財産の量を示す表。自治体の決算は現金の出入りだけを記すが、企業会計では事実上発生している負債・コストも計上する。現金以外の建物、施設なども価格を示し、蓄積された負債・資産がつかめる。県や千葉市では99年度決算分からバランスシートを作っている。

(2007-12-27 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android