コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤旗(旗) あかはた

百科事典マイペディアの解説

赤旗(旗)【あかはた】

源家の白旗に対する平家の赤旗は,朝倉景衡(かげひら)の《愚得(ぐとく)随筆》(1770年)によれば,10世紀の源経基のころ源家が白旗を用い,次いで平家が五行説の火剋金(かこくきん)の思想からして金の白色にまさる火の赤色を採用したという。
→関連項目はた(旗/幢/幡/旌)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone