コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪島[市] わじま

百科事典マイペディアの解説

輪島[市]【わじま】

石川県能登半島北端の市。1954年市制。中心市街は鳳至(ふげし)川と河原田(かわらだ)川との三角州上にあり,漁港として発達。輪島塗を特産。舳倉(へぐら)島へ季節的に移住する海女の住む海士(あま)町がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わじま【輪島[市]】

石川県能登半島の外浦のほぼ中央に位置し,日本海に面する市。1954年輪島町が周辺6村と合体,市制。人口2万8229(1995)。古くから日本海交通の要地で,近世には加賀藩奨励による漆器(輪島塗)製造や,アワビそうめんなどの特産物で知られた。1935年の国鉄七尾線(現,第三セクターのと鉄道)開通までは,交通不便なため長く発展が阻害されていた。現在は,河原田川(輪島川)河口に市街地が広がり,東部は漆器を中心とする商工業地域となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

輪島[市]の関連キーワード能登半島国定公園曾々木海岸時国家総持寺舳倉島

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android