酒田[市](読み)さかた

百科事典マイペディア「酒田[市]」の解説

酒田[市]【さかた】

山形県北西部の市。1933年市制。大部分は庄内平野で,沖の飛島も含む。最上川河口の酒田港は江戸時代庄内米やベニバナを積み出す西廻海運の要港として発展,本間家などの豪商が活躍した。港を中心に市街が発達し,羽越本線,日本海東北自動車道が通じる。1939年の鉄興社設立以来,多くの化学工業が立地,化学肥料,化学薬品を製造,酒田港は1951年重要港湾に指定され,臨海工業地帯の中核をなす。また1976年には大火によって中心市街を焼失したが,1979年には近代的な防火都市が完成した。良質の庄内米を多産し,市街地南部には土蔵造12棟の山居倉庫(1893年建造)があって,1万5000tの米の収容能力がある。海岸砂丘では野菜,ブドウ,モモを栽培する。本間美術館,日和山公園がある。1991年庄内空港が開港。2005年11月飽海郡平田町,松山町,八幡町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。602.97km2。11万1151人(2010)。
→関連項目陸羽西線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「酒田[市]」の解説

さかた【酒田[市]】

山形県北西部の市。1933年市制。人口10万1230(1995)。市域のほぼ中央を最上川が西流して日本海に注ぎ,河口北岸に市街地が広がる。東半は庄内平野の北部を占め,西は庄内砂丘から日本海に臨む。市域東端の水田中に平安期の出羽国府と推定される城輪柵(きのわのさく)跡()がある。近世の酒田は,最上川舟運と結びついて日本海有数の港町として繁栄し,井原西鶴の《日本永代蔵》に当時の酒田豪商が記されるほどであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の酒田[市]の言及

【米問屋】より

…また江戸時代の中期以降には,中山道の板橋宿や奥州道の千住宿など江戸近郊の街道筋にも江戸への陸送米を取り扱う米問屋が発達し,彼らは陸付米穀問屋とよばれた。
[地方都市]
 東北地方では,最上川河口の酒田に米問屋と陸(おか)問屋があった。米問屋は30株あったが,主として周辺諸藩の貢租米を買い入れ,これを他国よりの買船に売り渡した。…

【庄内平野】より

…山形県の酒田市と鶴岡市を中心に飽海(あくみ)郡,東田川郡にわたる沖積平野。庄内の名は中世の大泉荘(庄)に属したことに因むという。…

【西廻海運】より

…(2)最上川川船の運賃はいっさい幕府の負担とし,上流船の運漕独占をやめ下流船にも運漕させる。酒田港に幕領米専用の米蔵を設け,廻船に積み込むまでの費用も幕府が支弁する。(3)廻漕船には〈官幟〉をたてさせ,寄港地の入港税を免除させ,岩礁で危険な下関港には水先案内船を備え,志摩の鳥羽港口の菅島には毎夜烽火を上げ,廻船の目標とする。…

※「酒田[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android