鉄床雲(読み)カナトコグモ

大辞林 第三版の解説

かなとこぐも【鉄床雲】

上部が水平に広がり、鉄床形になった積乱雲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄床雲
かなとこぐも

積乱上部にできる水平に広がった雲。鉄雲とも書く。積乱雲の内部で発生した微小な氷晶が上昇気流によって上空に運ばれ、圏界面にぶつかって水平に広がったもの。対流圏上部は風が強いので、積乱雲より風下側にたなびいて、鉄床(金敷(かなしき))のような形に見える。風上側から見るとアサガオの花のようにも見えるので、朝顔雲ともいう。アンビルanvilということもある。台風や集中豪雨に伴う積乱雲の鉄床雲は非常に発達して、その下で降水が生じることもある。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かなとこ‐ぐも【鉄床雲】

〘名〙 かな床の形のように上部が平らになった状態の積乱雲。退けば西風が強く吹き、立ちのぼれば雨となるという。《・夏》
※雲のいろいろ(1897)〈幸田露伴〉「東の方に築地をつきたる如く立つ白雲を、かなとこ雲といふよしなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android