高浜(市)(読み)たかはま

  • 高浜

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県南西部にある市。衣ヶ浦(ころもがうら)湾に注ぐ境川東岸に位置し、名古屋鉄道三河(みかわ)線、国道247号、419号が通じ、247号の衣浦(きぬうら)大橋で対岸の半田市と結ばれている。1970年(昭和45)市制施行。江戸中期に始まった三州瓦(さんしゅうがわら)生産の中心地で、江戸では三州黒瓦として珍重され、刈谷(かりや)藩外港の高浜湊から積み出された。第二次世界大戦後はトンネル窯の製法が開発され、赤瓦、カラフルな釉薬(ゆうやく)瓦もつくられるようになった。1995年(平成7)やきものの里かわら美術館が開館している。吉浜は大規模養鶏地帯で、育雛(いくすう)の先進地。また人形生産では全国一で、吉浜細工人形芸術保存会は県の無形文化財に指定されている。細工人形の技術は江戸時代に農民芸術としておこったが、現在、名古屋城はじめ全国菊人形展には欠かせない技術となっている。衣浦臨海工業地域東部地域に含まれ、木材加工、機械製造の工場も多い。面積13.11平方キロメートル、人口4万6236(2015)。

[伊藤郷平]

『『高浜市誌』全9巻(1966~1985・高浜市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android