コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷺舞 さぎまい

6件 の用語解説(鷺舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷺舞
さぎまい

1人または複数の舞人が,サギに扮装したりサギをかたどったかぶりものを着けて行なう島根県西端部津和野町弥栄神社祇園祭の 7月20日の神幸と同 27日の還御に際して舞われる鷺舞は,国の重要無形民俗文化財に指定され,全国にその名が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さぎ‐まい〔‐まひ〕【×鷺舞】

民俗芸能の一。白鷺の頭(かしら)をかぶり、白い羽の作り物を身につけて舞う一種の風流(ふりゅう)。山口県山口市・島根県津和野町などのものが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鷺舞【さぎまい】

山口県山口市の八坂神社や島根県津和野町の弥栄(やさか)神社で7月20〜27日の祇園会(ぎおんえ)に行われる民俗芸能。雌雄2羽のサギの作り物をつけた者が,笛,太鼓などの囃子(はやし)に合わせて踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さぎまい【鷺舞】

鷺の作り物を身につけて舞う風流(ふりゆう)の芸能の一つ。歴史的には京都八坂神社の祇園会(ぎおんえ)でおこなわれたものが古く,島根県鹿足(かのあし)郡津和野町の弥栄(やさか)神社で7月20~27日の祇園祭に演じられるものは,室町時代に都の文化を領国へ吸収することに専念していた大内氏が京都の祇園会をそっくり山口に移したのを伝えたのが起源という。その舞は,鷺の頭(かしら)をかぶり,板を連ねて作った羽を肩につけた舞人2人が,〈橋の上におりた 鳥はなに鳥……〉という歌と,笛・太鼓・鼓(つづみ)・鉦(かね)の囃子に合わせて,手足を動かして鷺が舞うさまを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さぎまい【鷺舞】

室町時代、京都の祇園会ぎおんえや左義長さぎちように出た、鷺に仮装した風流ふりゆうの囃子舞はやしまい。雌雄二羽で舞い、棒振り・羯鼓かつこ役などがつく。現在、島根県津和野町、山口県山口市などの祇園会で行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷺舞
さぎまい

鷺の作り物を身に着けて舞う芸能。島根県鹿足(かのあし)郡津和野(つわの)町弥栄(やさか)神社の祇園(ぎおん)祭に行われる鷺舞は、7月20日と27日の両日、神輿(みこし)に供奉(ぐぶ)して神社・御旅所(おたびしょ)・頭屋(とうや)などへ練り込んで舞う。雌雄の鷺・棒振(ぼうふり)・羯鼓(かっこ)各2人の舞方と、笛・鼓・鉦(かね)・太鼓の囃子(はやし)方8人、それに歌い手大ぜいが出る。「橋の上に降りた鳥は何鳥 かわささぎのかわささぎのャァかわささぎの 鷺が橋を渡した鷺が橋を渡した 時雨(しぐれ)の雨にぬれ通り 通り」という歌にあわせて翼(つばさ)を開く所作を繰り返して舞う。同日、山口市八坂(やさか)神社の祇園祭でも若干異なった鷺舞が舞われる。この鷺舞はもと京都の祇園祭に出た練り物で、室町時代に長州の守護大内氏によって山口に伝わり、さらに1542年(天文11)に当時の津和野城主吉見(よしみ)氏によって山口から津和野へ移入された。津和野ではその後中絶していたのを1644年(正保1)に京都から直接伝えて復活した。京都八坂神社の鷺舞は津和野から伝えて近年復活したものである。[渡辺伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鷺舞の言及

【津和野[町]】より

…津和野駅北方の乙女峠にあるマリア聖堂は,1868年(明治1)から73年まで明治新政府によって配流・迫害された長崎浦上のキリシタンを記念して建てられたものである。また京都八坂神社を勧請(かんじよう)した弥栄(やさか)神社(祇園社)には鷺舞が伝わり,7月20日と27日の例祭に奉納される。【池田 善昭】
[津和野城下]
 石見国南西端の津和野盆地の中心に位置する城下町。…

【囃し物(囃子物)】より

…囃子物は中踊として残り,囃子方も受け持つ。囃子物の姿は現在民俗芸能や狂言の中に残るが,島根県鹿足(かのあし)郡津和野町の鷺舞や,京都祇園祭の傘鉾などが著名である。風流踊【山路 興造】 狂言謡(きようげんうたい)として残る囃し物は,浮き立つような特殊なリズムをもったツヨ吟の謡である。…

【風流】より

…室町時代後期の風流踊を支えた層と,当時の能・狂言を享受した層とは共通で,風流踊の趣向には能の曲が転用され,その入破(いりは)(キリ)が踊りの中で演じられたことも多い。
[民俗芸能の風流]
 京都の祇園会の山鉾,日立市神峰神社の〈日立の風流物〉に代表される作り物の風流はもとより,風流踊の系譜を引く太鼓踊・羯鼓踊(かつこおどり)・花踊・雨乞踊,囃子物の伝統である鷺舞などの動物仮装風流,胸に羯鼓をつけた一人立ちの獅子舞鹿踊(ししおどり)をはじめ,念仏踊(踊念仏)や盆踊など,全国の民俗芸能には風流の精神を受け継いだ芸能が多い。民俗芸能を分類する場合,それらを一括して〈風流系芸能〉と称するが,その芸態は一様ではない。…

※「鷺舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鷺舞の関連キーワード雨乞踊駒踊作り物着付ける着衣採物の歌蛇踊身に付ける狛桙作り物風流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷺舞の関連情報