コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレス Hēraklēs

デジタル大辞泉の解説

ヘラクレス(Hēraklēs)

ギリシャ神話で、最大の英雄。ゼウスアンフィトリュオンの妻アルクメネとの子。ゼウスの妻ヘラの激しい嫉妬(しっと)により、幼時から種々の迫害を受けた。ライオン・ヒドラ・怪鳥退治など、アルゴス王エウリュステウスに命じられた12の難題解決は特に有名。死後、天上に迎えられて神になったという。ヘルクレス。
(Hercules)大阪証券取引所(現大阪取引所)が平成14年(2002)に開設した新興企業向けの株式市場。「ニッポン・ニュー・マーケットヘラクレス」の略称。平成12年(2000)に大証とナスダックなどが提携して開設した新興企業向けの株式市場「ナスダック・ジャパン」を改称したもの。平成22年(2010)10月ジャスダックNEOと市場統合、新「ジャスダック」となった。→新興市場ジャスダック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヘラクレスの関連キーワードニッポンニューマーケットヘラクレスジャック マクデビットシュワルツェネッガーシェールンイェルムヘラクレスの冒険スウェーデン文学ヘラクレスの洞窟ヘラクレスの塔ハーキュリーズチャイナタラノキヘック

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘラクレスの関連情報