コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『宇治拾遺物語』 ウジシュウイモノガタリ

とっさの日本語便利帳の解説

『宇治拾遺物語』

鎌倉時代の説話集。一三世紀初めの成立とされるが未詳。作者、編者も未詳。『今昔物語集』同様、天竺、震旦本朝の三部構成で、一九七の説話を収録。登場人物は名もなき庶民から下級官吏、貴族、皇族にわたる。仏教的色彩は濃いが、むしろ人間そのものへの関心が顕著。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『宇治拾遺物語』の関連キーワードダグラス・エドガー ミルズゲオルギー スヴィリドフしみのすみか物語信貴山縁起絵巻宇治大納言物語藁しべ長者古本説話集良秀(1)粟田口有国安倍晴明世継物語四宮河原藤原敏行舌切り雀拷問の制瘤取り爺禅智内供十市皇女藁稭長者蘆屋道満

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android