コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『宇治拾遺物語』 ウジシュウイモノガタリ

とっさの日本語便利帳の解説

『宇治拾遺物語』

鎌倉時代の説話集。一三世紀初めの成立とされるが未詳。作者、編者も未詳。『今昔物語集』同様、天竺、震旦、本朝の三部構成で、一九七の説話を収録。登場人物は名もなき庶民から下級官吏、貴族、皇族にわたる。仏教的色彩は濃いが、むしろ人間そのものへの関心が顕著。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『宇治拾遺物語』の関連情報