コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『宇治拾遺物語』 ウジシュウイモノガタリ

1件 の用語解説(『宇治拾遺物語』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『宇治拾遺物語』

鎌倉時代の説話集。一三世紀初めの成立とされるが未詳。作者、編者も未詳。『今昔物語集』同様、天竺、震旦、本朝の三部構成で、一九七の説話を収録。登場人物は名もなき庶民から下級官吏、貴族、皇族にわたる。仏教的色彩は濃いが、むしろ人間そのものへの関心が顕著。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『宇治拾遺物語』の関連キーワード今物語宇治大納言物語古今著聞集古本説話集今昔物語集撰集抄続古事談東斎随筆二中歴『今昔物語集』

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『宇治拾遺物語』の関連情報