コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『老子』 ロウシ

1件 の用語解説(『老子』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『老子』

周室の柱下史(蔵書管理官)を務めて王朝の来歴を知り、都にいて現下の世情の推移を見て人為の限りを知りつくした老子(李耳。生没年不詳)が、西方へ隠遁に向かう旅の途上、懇請され書き残した信言集。現存のものは「道経」三七篇と「徳経」四四篇からなり、『老子道徳経』とも呼ばれる

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『老子』の関連キーワードカニシカ岐山蔵書ラー黎朝易世蔵書印パタン王朝『春秋』中原光家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『老子』の関連情報