『老子』(読み)ロウシ

とっさの日本語便利帳の解説

『老子』

周室の柱下史(蔵書管理官)を務めて王朝来歴を知り、都にいて現下世情の推移を見て人為の限りを知りつくした老子(李耳。生没年不詳)が、西方隠遁に向かう旅の途上、懇請され書き残した信言集。現存のものは「道経」三七篇と「徳経」四四篇からなり、『老子道徳経』とも呼ばれる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『老子』の関連情報