コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『老子』 ロウシ

とっさの日本語便利帳の解説

『老子』

周室の柱下史(蔵書管理官)を務めて王朝来歴を知り、都にいて現下世情の推移を見て人為の限りを知りつくした老子(李耳。生没年不詳)が、西方隠遁に向かう旅の途上、懇請され書き残した信言集。現存のものは「道経」三七篇と「徳経」四四篇からなり、『老子道徳経』とも呼ばれる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『老子』の関連キーワード恨みに報ゆるに徳を以てす根を深くし蔕を固くす徳を以て怨みに報ゆ三才報徳金毛録美言は信ならず馬王堆漢墓道(思想)足るを知る長生久視黄老思想太上老君河間献王玄元皇帝老荘思想経典釈文黄老の学大泉黒石和光同塵武内義雄信言不美

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『老子』の関連情報