至極(読み)しごく

精選版 日本国語大辞典「至極」の解説

し‐ごく【至極】

[1] 〘名〙
① (形動) 最上のこと。この上ないこと。また、そのさま。上。他の語に付いて接尾語のように用いられることもある。
※万葉(8C後)五・八〇二・序文「又説 愛無子、至極大聖尚有子之心、况乎世間蒼生誰不子乎」
草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ソノヒト コレワ ラウゼキ xigocuna(シゴクナ) ヤツヂャト ユウテ」 〔荘子‐逍遙遊〕
② (━する) 最後にたどりついたところ。最上の境地。また、そこに到達すること。頂点に達すること。
※兼仲卿記弘安六年冬巻裏文書‐弘安二年(1279)八月・大神宮使・祭主使連署注進状「立榊八卦於供御料田之条、無双重科也。此等依至極、寄事於大門法眼歟」
※花鏡(1424)幽玄之入事「その物その物の物まねばかりをし分けたるを、しごくと心得て、姿を忘るるゆへに、左右なく幽玄の堺に入らず」
③ (━する) 最終的な決定をすること。決着。
※園太暦‐康永三年(1344)七月二四日「於公家御沙汰者、令至極之上者、争不恨申哉」
④ それ以上は譲れないという限界。ぎりぎりの線。この上ない決意。
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「たとひ一命にかへても爰は出さぬ至極(シコク)なり」
⑤ 感きわまること。感動が頂点に達すること。
※浮世草子・俗つれづれ(1695)二「至極(シゴク)のなみだにしづめば」
⑥ (形動) きわめてもっともなこと。理にかなっていること。また、そのさま。至当。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「世之介を聞もあへず、死出立(しにでたち)にてかけこみしを、おのおの懸合(かけあはせ)、義理をつめ、至極(シゴク)にあつかひ」
⑦ (━する) もっともだと思って了承すること。納得すること。
※源平盛衰記(14C前)六「君の思し召し立つ処、道理尤も至極(しコク)せり」
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「『母が言葉をひとつも忘れな』といへば、娘も是を至極(シゴク)して」
[2] 〘副〙
① この上なく。きわめて。非常に。いたって。まったく。完全に。
※梵舜本沙石集(1283)三「食後の菓子まで、至極せめくひて」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「我党にゃア至極(シゴク)便利だ」
② かならず。きまって。
※政基公旅引付‐文亀三年(1503)七月三〇日「此上者面をは不国之由雖申之、於所行者至極国方に相随者哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至極」の解説

し‐ごく【至極】

[名・形動]
極限・極致に達していること。この上ないこと。また、そのさま。
「―の貧生で、…按摩をして凌いで居る者がある」〈福沢福翁自伝
「女道衆道の―をあらはす要文」〈浮・禁短気・二・目録〉
きわめて道理にかなっていること。また、そのさま。至当。
「兄を殺そうとした自分が、かえって犬に食われて死ぬ。これより―な天罰はない」〈芥川・偸盗〉
「これでごきげんの直るやうにと、―なる事を申し出だせば」〈浮・親仁形気・一〉
他人の意見などをもっともだと思って、それに従うこと。納得。
「母が言葉をひとつも忘れなといへば、娘も是を―して」〈浮・織留・二〉
[副]その状態・程度が、これ以上はないというところまでいっているさま。きわめて。まったく。「至極便利である」「至極ごもっとも」
[接尾]形容動詞の語幹や状態性名詞に付いて、この上なく…である、まったく…だ、などの意を表す。千万せんばん。「残念至極」「迷惑至極だ」
[類語]千万とても非常大層大変極めて至ってはなはすこぶごくいとも実にまことに大いにいたく・ひどく・恐ろしくすごくものすごく滅法めっぽうさんざっぱらさんざんさんざこってり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「至極」の解説

【至極】しきよく

はて。〔荘子、逍遥遊〕天のたるは其れ正色なるか。其のくして至極する無ければか。其の下をるや、亦た是(かく)の(ごと)きのみ。

字通「至」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報