コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至極 シゴク

デジタル大辞泉の解説

し‐ごく【至極】

[名・形動]
極限・極致に達していること。この上ないこと。また、そのさま。
「―の貧生で、…按摩をして凌いで居る者がある」〈福沢福翁自伝
「女道衆道の―をあらはす要文」〈浮・禁短気・二・目録〉
きわめて道理にかなっていること。また、そのさま。至当。
「兄を殺そうとした自分が、かえって犬に食われて死ぬ。これより―な天罰はない」〈芥川偸盗
「これでごきげんの直るやうにと、―なる事を申し出だせば」〈浮・親仁形気・一〉
他人の意見などをもっともだと思って、それに従うこと。納得。
「母が言葉をひとつも忘れなといへば、娘も是を―して」〈浮・織留・二〉
[副]その状態・程度が、これ以上はないというところまでいっているさま。きわめて。まったく。「至極便利である」「至極ごもっとも」
[接尾]形容動詞の語幹や状態性名詞に付いて、この上なく…である、まったく…だ、などの意を表す。千万(せんばん)。「残念至極」「迷惑至極だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しごく【至極】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
きわめてもっともな・こと(さま)。 「維盛卿は-の道理に面目なげに差し俯うつぶき/滝口入道 樗牛」 「 -の異見申し尽くして出家と成ぬ/浮世草子・五人女 4
きわみを尽くすこと。最上のところへ達すること。また、最上の境地。 「法皇も道理-して、仰下さるる方もなし/平家 3」 「女道衆道の-を表はす要文/浮世草子・禁短気」
もっともだと思うこと。 「いかにも-せり/浮世草子・新色五巻書」
( 副 )
これ以上の程度・状態はありえないさま。この上なく。「きわめて」の改まった言い方。 「 -快適です」 「 -もっとも」 「 -安楽な様なれども/民権自由論 枝盛
( 接尾 )
形容動詞語幹や状態性の名詞に付いて、この上なく…である、全く…だ、などの意を表す。 「迷惑-だ」 「不届き-なやつ」 「残念-」 「不都合-なるものと云ふ可し/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至極の関連キーワード渡らせられるこんこんちき不届き至極恐悦・恭悦理の当然刃物立て使い立て思い付き尤も至極ざんぐり尤も千万浮世草子御呼ばれ形容動詞際立つせんば存じる表裏者満悦極聖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至極の関連情報