コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅法 メッポウ

デジタル大辞泉の解説

めっ‐ぽう〔‐ポフ〕【滅法】

[名]仏語。
因縁によって生じたのではないもの。無為
涅槃(ねはん)のこと。
[形動][文][ナリ]道理にはずれるさま。常識を超えているさま。
「是豈―なる間違いにあらずや」〈逍遥当世書生気質
[副]並みの程度でないさま。はなはだしく。「けんかが滅法強い」「朝方は滅法冷える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めっぽう【滅法】

( 名 )
〘仏〙 一切の相を寂滅し、因縁によって生じたのではない不変の真如。無為法。
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
の意から〕
道理に合わないこと。むちゃなこと。また、そのさま。 「 -ナ奴/ヘボン」
程度がはなはだしい・こと(さま)。大層。 「十年の間稼いだら-に金が貯まらうと思ふが/塩原多助一代記 円朝
( 副 )
に同じ。 「 -暑い」 「 -強い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅法の関連キーワード坂上重次郎(初代)塩原多助一代記そっぽう滅法鐘(楽器)諸行無常偈いろは歌無辺法界伊呂波歌野暮堅いけんか雪山偈キバキ盲滅法伽羅蕗滅法界南禅寺保国寺斉頼寂滅法人

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅法の関連情報