コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚だ ハナハダ

デジタル大辞泉の解説

はなはだ【甚だ】

[副]普通の程度をはるかに超えているさま。たいへん。非常に。「甚だ多い」「甚だ恐縮です」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなはだ【甚だ】

( 副 )
程度が普通の状態をこえているさま。非常に。「大変」のやや堅い言い方。 「 -けしからん話だ」 「 -愛すべき人物」 〔平安時代、主として漢文訓読に用いた語で、和文では「いと」「いたく」が主に用いられた〕
全く。全然。 「天地の神も-我が思ふ心知らずや/万葉集 3250
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甚だの関連情報