コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐ろしい オソロシイ

デジタル大辞泉の解説

おそろし・い【恐ろしい】

[形][文]おそろ・し[シク]《動詞「恐る」の形容詞化》
危険を感じて、不安である。こわい。「―・い目にあう」「戦争になるのが―・い」「ほめるだけほめて後が―・い」
程度がはなはだしい。
㋐驚くほどすぐれている。はかりしれない。「―・く頭の回転が速い」「人の一念とは―・いものだ」
㋑驚きあきれるほどである。ひどい。「―・く寒い」「こんなことも知らないとは―・い」
[派生]おそろしがる[動ラ五(四)]おそろしげ[形動]おそろしさ[名]
[用法]おそろしい・こわい――「草原で恐ろしい毒蛇にあい、怖かった」「彼の恐ろしい考えを知って、怖くなった」のように用いる。それぞれの「恐ろしい」「怖い」を入れ換えるのは不自然である。◇「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。「怖い」は主観的な恐怖感を示す。「草原で恐ろしい蛇にあって」も「怖い」とは感じない場合もあるわけである。◇「恐ろしい」は、「日曜の行楽地は恐ろしいばかりの人出だ」「習慣とは恐ろしいものだ」のように、程度がはなはだしいとか、驚くほどだ、ということを示す場合もある。この場合、「怖い」とはふつう言わない。「怖いほどの人出」と言えば、自分に危険が及びそうな、という主観的表現となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おそろしい【恐ろしい】

( 形 ) [文] シク おそろ・し
〔動詞「おそる」の形容詞化〕
恐怖や畏敬の念を感ずる。 「 - ・くて声も出せない」
(将来のことを心配して)避けたい。警戒しなければならない。 「いちばん-・いのは油断だ」 「地震によるパニックが-・い」
程度が並外れている。驚くほど立派だ。 「 - ・く足の速い男」 「文覚もとより-・しき聖にて/平家 12
不思議だ。説明がつかない。 「慣れとは-・いもので、静かな所ではかえって眠れない」 〔類義の語に「こわい」があるが、「こわい」は身に危険が感じられて、激しく気持ちをおびえさせる心情を主観的に表す語である。それに対して「おそろしい」はある物事に自分の身を押しつぶすほどの強度の力や意志が感じられ、激しい恐怖や畏敬の念をいだくさまを客観的にいう〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恐ろしいの関連情報