ぐちゃぐちゃ(読み)グチャグチャ

デジタル大辞泉の解説

ぐちゃ‐ぐちゃ

[副](スル)
水分を多く含んでやわらかくなったり形が崩れたりしているさま。また、そういうものをつぶしたり、まぜたりしたときの音を表す語。「ぐちゃぐちゃした雪どけ道」
愚痴や不満などをしつこく言うさま。「ぐちゃぐちゃ(と)文句を言う」
[形動]
水気をたっぷり含んでやわらかくなったり形が崩れたりしているさま。「ぬれてぐちゃぐちゃになった新聞紙」
物事が混乱して、きちんとしていないさま。「ぐちゃぐちゃに結んだ帯」「ぐちゃぐちゃに書きなぐったメモ」
[アクセント]チャグチャ、はグチャグチャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐちゃぐちゃ

[1] ( 副 )
(多く「と」を伴って)
水分をたっぷり含んだものがつぶされたりするときに出す音を表す語。また、水分が多く軟らかなさま。 「 -(と)音を立てる」 「 -(と)した御飯」
ひどく乱れているさま。 「 -(と)メモをとる」
ぐちっぽくものを言うさま。 「あれこれ-(と)言う」
[0] ( 形動 )
水分をたっぷり含んで軟らかなさま。 「雪解けで道が-だ」 「紙がぬれて-になった」
ひどく乱れているさま。めちゃくちゃ。 「順番を-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐちゃ‐ぐちゃ

[1] 〘形動〙
① 濡れているさま。また、濡れて柔らかくなっているさま。
※入江のほとり(1915)〈正宗白鳥〉八「ぐちゃぐちゃになってゐる書物や帳面を日に乾かさねばならぬと思ったり」
② つぶれたり濡れたりしわだらけになったりして、きたなくなっているさま。道などがぬかるんでいるような場合にいう。
※旧主人(1902)〈島崎藤村〉四「霜溶(しもどけ)のぐちゃぐちゃで下駄の鼻緒を切らした日もあり」
③ 混乱しているさま。きちんとしていなくて、めちゃめちゃなさま。
※怪化百物語(1875)〈高畠藍泉〉上「巾広帯をぐちゃぐちゃに結び」
[2] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 濡れて柔らかくなったさま、また、つぶれたり濡れたりして、きたなくなったさまを表わす語。
※落語・墓違ひ(1895)〈柳家禽語楼〉「天麩羅のグチャグチャする少し香ひのあるのを」
水分を含んで柔らかくなったものや粘り気のあるものなどを何度もつぶしたり、かきまぜたりする時にたてる音を表わす語。
※野の花(1901)〈田山花袋〉八「ぐちゃぐちゃと水溜りのある蘆原の中に入って見たり」
③ 形が崩れたさま、混乱して秩序がなくなったさまを表わす語。
※烈婦!ます女自叙伝(1971)〈井上ひさし〉四「角ばった顔をぐちゃぐちゃと崩し〈略〉『すみませんねえ、これじゃ多すぎますよ』」
④ あれこれととりとめもなくしゃべったり文句を言ったりするさまを表わす語。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉長崎遊学「心配さうな顔をしてグチャグチャ述立てると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐちゃぐちゃの関連情報