コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

させる サセル

4件 の用語解説(させるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

させ‐る[連体]

[連体]《動詞「さ(指)す」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形から。あとに打消しの語を伴って用いる》特に取り立てていうほどの。さほどの。さしたる。
「皆、馬芸、―ことなき事どもなり」〈徒然・二三八〉
[補説]「然せる」とも書いて、副詞「然(さ)」に、サ変動詞「す」の未然形、完了の助動詞「り」の連体形が付いたものからとみる説もあるが、「指せる」からとする説に従う。→さしたる

させる[助動]

[助動][させ|させ|させる|させる|させれ|させろ(させよ・させい)]《古語の助動詞「さす」の下一段化したもの》動詞の上一段・下一段・カ変活用の未然形に付く。
使役の意を表す。「子供にすきなだけ食べさせる
(「させていただく」「させてもらう」の形で)相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す。「今月限りで辞めさせていただきます」「答えさせてもらう」
他の行動に対する、不干渉・放任の意を表す。「どうしても受験したいなら、受けさせるのだな」「好きなだけ食べさせなさい」
(多くは「させられる」「させたもう」の形で)尊敬の意を表す。現代では文語調の表現に用いられ、高い敬意を表す。「神よ、人々に恵みを垂れさせたまえ」→しむしめるせる
[補説]「させる」は「御覧ぜさせられる」「講ぜさせる」のように、サ変動詞の未然形に付くこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

させる

( 動下一 ) [文] サ下二 さ・す
〔サ変動詞「す」の未然形「せ」に助動詞「さす」の付いた「せさす」の転〕
人にある動作をするようにしむける。 「この仕事は彼に-・せよう」 「覚悟を-・せる」
することを許す。するにまかせる。 「本人の好きなように-・せる」 → させる(助動)

させる

( 助動 ) ( させ ・させ ・させる ・させる ・させれ ・させろ(させよ) )
〔助動詞「さす」の下一段化したもの〕
上一段・下一段・カ行変格活用の動詞の未然形に接続する。場合によりサ変動詞にも付く。
使役の意を表す。
誰かに対して動作をしかけるように他にしむける。 「老人が若者に少女を助けさせた」
動作をするように、誰かにしむける。 「捕手が投手に直球を投げさせる
動作の放任・許容の意を表す。 「あと三〇分ほど寝させておこう」 「一日二日考えさせてくれ」
不本意なことや迷惑なことを表す。 「いろいろ心配をかけさせて、申しわけありません」
他動詞を持たない自動詞に接続して、他動詞の代用をする。 「水を沸騰させる
(「させられる」「させ給う」などの形で)動作者に対する尊敬の意を表す。 「親しく被災地を御覧ぜさせられた」 〔サ変動詞「する」に接続するとき、本来は「せさせる」であるが、この形は、敬語の「せさせ給う」「せさせられる」などの場合以外はほとんど用いられず、現代ではただ「させる」(サ変動詞の未然形「さ」に助動詞「せる」を付けたもの)の形を用いるのが普通である。もっとも、「決する」「制する」など、漢字一字の漢語と複合した類のサ変動詞には、「決せさせる」「制せさせる」などとなる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

させるの関連キーワードさしますさしゃるさせますさるせるさ・せる移らさせていただく

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

させるの関連情報