コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つくつく法師 ツクツクボウシ

2件 の用語解説(つくつく法師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくつく‐ぼうし【つくつく法師】

《鳴き声から。「法師」は当て字》セミ科の昆虫。体長は翅(はね)の先まで約4.5センチ、暗黄緑色の地に黒紋があり、背にW形の紋をもつ。晩夏から秋にかけて現れ、雄はツクツクオーシと鳴く。寒蝉(かんせん・かんぜみ)。つくしこいし。おうしいつくつく。くつくつぼうし 秋》「今尽きる秋を―かな/一茶

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくつくぼうし【つくつく法師】

セミの一種。頭からはねの先まで45ミリメートル 内外の細形のセミ。体は暗緑色で黒い斑紋があり、胸部の背に淡緑色の紋がある。夏が終わり、秋風とともに多く現れ、オーシーツクツクと鳴く。日本各地と朝鮮・中国に分布。クツクツボウシ。筑紫恋し。法師蟬。 [季] 秋。 《 夕飯や-かしましき /正岡子規 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つくつく法師の関連情報