コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つくつく法師 ツクツクボウシ

2件 の用語解説(つくつく法師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくつく‐ぼうし【つくつく法師】

《鳴き声から。「法師」は当て字》セミ科の昆虫。体長は翅(はね)の先まで約4.5センチ、暗黄緑色の地に黒紋があり、背にW形の紋をもつ。晩夏から秋にかけて現れ、雄はツクツクオーシと鳴く。寒蝉(かんせん・かんぜみ)。つくしこいし。おうしいつくつく。くつくつぼうし 秋》「今尽きる秋を―かな/一茶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つくつくぼうし【つくつく法師】

セミの一種。頭からはねの先まで45ミリメートル 内外の細形のセミ。体は暗緑色で黒い斑紋があり、胸部の背に淡緑色の紋がある。夏が終わり、秋風とともに多く現れ、オーシーツクツクと鳴く。日本各地と朝鮮・中国に分布。クツクツボウシ。筑紫恋し。法師蟬。 [季] 秋。 《 夕飯や-かしましき /正岡子規 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つくつく法師の関連キーワード烏鳴きぎっちょくつくつ法師空鳴きちちろかなかな蝉笛泣声笑翡翠

つくつく法師の関連情報