コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりちり チリチリ

3件 の用語解説(ちりちりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちり‐ちり

[副](スル)
ちぢれたりしわが寄ったりするさま。「ちりちりした頭髪」
毛や糸などが焼けちぢれる音を表す語。「ちりちり(と)毛糸が焼ける」
冷気などが、肌を軽く刺すように感じられるさま。
「流れ込んで来る微風が、寝起の肌に、―と気持よく滲みた」〈里見弴安城家の兄弟
恐れてすくむさま。
「頭ごなしに呶鳴りつけられて、―するような事があっても」〈秋声あらくれ
千鳥など、小鳥の鳴く声。
「浜千鳥の友呼ぶ声は、―や―」〈虎寛狂・千鳥
水・涙などがしたたるさま。
「―袖やしぼるらん」〈伽・小町草紙〉
日の光のきらめくさま。
「東風吹けば、緑が―として」〈中華若木詩抄・下〉
[名・形動]ちぢれたり、しわが寄ったりすること。また、そのさま。「ちりちりな(の)髪の毛」「乾燥してちりちりになった漉(す)き紙」
[アクセント]リチリ、はチリチリ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちりちり

麦こがし。ちりのこ。

ちりちり

[1] ( 副 ) スル
縮れているさま。また、髪・毛糸などが焼けて縮れるさま。 「鯉のあらいを氷水に入れると-(と)身がしまる」 「 -(と)ちぢれた髪」
熱さ・冷たさが皮膚を刺激するさま。また、恐れなどのために身の縮む思いをするさま。 「風呂が熱くて肌を-(と)刺すようだ」 「叱責しつせきを恐れて-している」
細かな粒がたくさんあるさま。 「金粟と桂を云ふは花の-と小さいを云ふぞ/四河入海 14」 「思へどもかへらぬは老の波の-袖やしぼるらん/御伽草子・小町」
朝日・夕日の光の散乱するさま。 「日の-に野に米を刈る(正平)/冬の日」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「葉が-になって枯れる」 「髪の毛を-にする」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちりちりの関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠け見出づ真し一色町一本木

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちりちりの関連情報