コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりちり チリチリ

デジタル大辞泉の解説

ちり‐ちり

[副](スル)
ちぢれたりしわが寄ったりするさま。「ちりちりした頭髪」
毛や糸などが焼けちぢれる音を表す語。「ちりちり(と)毛糸が焼ける」
冷気などが、肌を軽く刺すように感じられるさま。
「流れ込んで来る微風が、寝起の肌に、―と気持よく滲みた」〈里見弴・安城家の兄弟〉
恐れてすくむさま。
「頭ごなしに呶鳴りつけられて、―するような事があっても」〈秋声あらくれ
千鳥など、小鳥の鳴く声。
「浜千鳥の友呼ぶ声は、―や―」〈虎寛狂・千鳥
水・涙などがしたたるさま。
「―袖やしぼるらん」〈伽・小町草紙〉
日の光のきらめくさま。
「東風吹けば、緑が―として」〈中華若木詩抄・下〉
[名・形動]ちぢれたり、しわが寄ったりすること。また、そのさま。「ちりちりな(の)髪の毛」「乾燥してちりちりになった漉(す)き紙」
[アクセント]リチリ、はチリチリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちりちり

麦こがし。ちりのこ。

ちりちり

[1] ( 副 ) スル
縮れているさま。また、髪・毛糸などが焼けて縮れるさま。 「鯉のあらいを氷水に入れると-(と)身がしまる」 「 -(と)ちぢれた髪」
熱さ・冷たさが皮膚を刺激するさま。また、恐れなどのために身の縮む思いをするさま。 「風呂が熱くて肌を-(と)刺すようだ」 「叱責しつせきを恐れて-している」
細かな粒がたくさんあるさま。 「金粟と桂を云ふは花の-と小さいを云ふぞ/四河入海 14」 「思へどもかへらぬは老の波の-袖やしぼるらん/御伽草子・小町」
朝日・夕日の光の散乱するさま。 「日の-に野に米を刈る(正平)/冬の日」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「葉が-になって枯れる」 「髪の毛を-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちりちりの関連キーワード中華若木詩抄坂下千里子コイ(魚)米本さやかアクセントアフロヘア麦こがしニッケイ小町草紙てっちり浜千鳥縮れるちり鍋東風頭髪冷気微風洗いしわ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちりちりの関連情報