コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほろほろ ホロホロ

デジタル大辞泉の解説

ほろ‐ほろ

[副]
葉や花、涙などが静かにこぼれ落ちるさま。はらはら。「山吹の花びらがほろほろと散る」「ほろほろ(と)涙を流す」
山鳥などの鳴く声を表す語。「山鳥がほろほろ(と)鳴く」
力を入れなくても、ばらばらになるさま。「口の中でほろほろ(と)崩れる」
大勢の人が出て行くさま。
「修法(ずほふ)の壇こぼちて―と出づるに」〈・夕霧〉
物が裂け破れるさま。
「綻(ほころ)びは―と絶えぬ」〈・紅葉賀〉
歯でかんで食べる音を表す語。
「栗などやうのものにや、―と食ふも」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほろほろ

( 副 )
涙が、こぼれ落ちるさま。 「 -(と)涙が落ちる」 「暫時しばしは頭も得あげず、涙を-こぼして居たが/酒中日記 独歩
きじや山鳥などの鳴く声を表す語。 「 -(と)鳴く」
木の葉や花などの散るさま。はらはら。 「山吹が-(と)散る」 「黄なる葉どもの-とこぼれ落つる、いとあはれなり/枕草子 199
人の分かれ散るさま。ばらばら。 「修法の壇こぼちて-と出づるに/源氏 夕霧
物がもろくやぶけるさま。 「とかくひきしろふほどに、ほころび、-と絶えぬ/源氏 紅葉賀
ものを食べる音を表す語。ぽりぽり。 「二人して栗やなどやうのものにや、-と食ふも/源氏 宿木
日のたけるさま。 「かくて日も-とたけて/父の終焉日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ほろほろ
ほろほろ

ウコギの新芽を用いた岩手地方の郷土料理。この地方にはウコギの生け垣を巡らした家が多い。新芽が食用になるため、この垣根は救荒作物の役割をしたといわれる。ほろほろは、ウコギの新芽をゆでて水にさらし(苦味(にがみ)があるので)、細かく刻んで、みそ漬け大根とクルミも細かく刻み、混ぜ合わせる。赤唐辛子のみじん切りと炒(い)りごまを加えて味をととのえ、熱いご飯にかけて食べる。昔、南部藩の武士がこれを食べようとして、ほろほろこぼしたことから、この名がついたという。[堤 方子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ほろほろの関連キーワード日本のおもな郷土料理ホロホロチョウ富沢赤黄男種田山頭火ヤマドリ黄味時雨浜田広介ほろろ山鳥家禽行基山吹干鱈噦る斑雪土用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほろほろの関連情報