りんりん

精選版 日本国語大辞典「りんりん」の解説

りん‐りん

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 金属が互いに触れ合う音や、鈴・ベルなどの鳴る音を表わす語。
※浄瑠璃・本朝三国志(1719)三「若君を、抱き召したる金覆りんりん轡の音」
② 湯が沸騰して釜や鉄瓶などの鳴る音を表わす語。
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「茶の湯にすいたれば、おくのまにしかけておいたが、いかにもりんりんりんと、たぎってある」
③ 鈴虫・松虫などの鳴く音を表わす語。
※光悦本謡曲・松虫(1514頃)「松虫の声、りんりんりんりんとして」
④ 物の音や人の声などが、よく通って鋭く響くさまを表わす語。
※御伽草子・花みつ(有朋堂文庫所収)(室町末)「谷川の声りんりんと響きけるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「りんりん」の解説

りん‐りん

[副]
鈴やベルなどの鳴る音を表す語。「電話がりんりん鳴り続ける」
スズムシなどの鳴く声を表す語。
物音や声がかん高くよく通るさま。
「そのおこえがひろまのすみずみへ―とひびきわたりましたので」〈谷崎・盲目物語〉
湯が煮えたぎって釜や鍋が鳴る音を表す語。
「奥の間に湯が―とたぎりすまいてある」〈続狂言記・鱸庖丁〉
[類語]かあかあがちゃがちゃかりかりきゃっきゃっくつくつぼうしけいけいけろけろけんけんこんこんこんこけこっこうかなかなごろにゃんじいじいじいちちよちちよちちろちゅうちゅうちゅうちりちりちんちろりんつくつくぼうしつづりさせてっぺんかけたか東天紅トッケイにしはつにゃあにゃあにゃんにゃんぴいちくぱあちくぴいぴいひとくひよひよぴよぴよぶっぽうそうほうほけきょほぞんかけたかぽっぽほろほろほろほろろめえめえもうもうわんわんわん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「りんりん」の解説

りんりん

北海道函館市にある競輪場、函館競輪場の公式マスコットキャラクター。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「りんりん」の解説

】りんりん

白い小石の光るさま。〔唐風之水〕揚(あが)れる水 白石たり (いうめい)(やさしいお言葉)を聞けり 敢て以て人にげず

字通」の項目を見る

】りんりん

ひかりかがやくさま。

字通「」の項目を見る

】りんりん

玉光のかがやくさま。

字通「」の項目を見る

】りんりん

車のきしる音。唐・杜甫〔兵車行〕詩 車(せうせう) 行人の、各に在り 耶孃(やじやう)妻子、走つてる 塵埃(ぢんあい)に見えず、咸陽橋

字通「」の項目を見る

淪】りんりん

小波

字通「」の項目を見る

】りんりん

光明のさま。

字通「麟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android