二四八(読み)ニシハツ

デジタル大辞泉の解説

に‐し‐はつ【二四八】

《平安時代の歌学で、万葉集ホトトギスの鳴き声を「二四八」と表記していると説かれたために生じた歌語》ホトトギスの初めて鳴く声。
「奈良坂を来鳴きとよますほととぎす―とこそをちかへり鳴け」〈奥義抄・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしはつ【二四八】

ホトトギスの鳴き声を初めて聞くことという。 「万葉云く、ならさかを来鳴きとよますほととぎす-とこそをちかへり鳴け/奥儀抄」 〔平安時代の歌学で、万葉集にホトトギスの鳴き声をこのように表記していると誤って説かれたために生じた歌語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二四八の関連情報