コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二四八 ニシハツ

デジタル大辞泉の解説

に‐し‐はつ【二四八】

《平安時代の歌学で、万葉集ホトトギスの鳴き声を「二四八」と表記していると説かれたために生じた歌語》ホトトギスの初めて鳴く声。
「奈良坂を来鳴きとよますほととぎす―とこそをちかへり鳴け」〈奥義抄・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしはつ【二四八】

ホトトギスの鳴き声を初めて聞くことという。 「万葉云く、ならさかを来鳴きとよますほととぎす-とこそをちかへり鳴け/奥儀抄」 〔平安時代の歌学で、万葉集にホトトギスの鳴き声をこのように表記していると誤って説かれたために生じた歌語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二四八の関連キーワードフッ化ナトリウムおもろそうし雲居なす室の木藤波の若草の敷島の

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二四八の関連情報